low-main-img

HOME

ウイルス感染しないための歯科の重要性

1. 口腔健康管理(口腔清掃)はウイルス感染への水際対策です
感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすることです。清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。
手や体、髪を洗うことと同じように、お口の中を清潔にすることはとても大切なことです。
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります。インフルエンザウィルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。
お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。
2. お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります
中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。
誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。
その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。
3. お口の健康状態が悪化すると体の免疫力が弱まります
ウイルス感染への有効な対策は、体の免疫力を低下させないことです。
お口の状態が悪くなると食事がしづらくなるため、全身の栄養状態が悪化し、免疫力が弱くなります。

ウイルス感染予防のためには
お口の衛生管理が重要です

ページトップへ